小泉今日子「大事な気持ち」レビュー 深夜の恋文は 国境越える子守唄

シャッフルレビュー特別篇。

筆者が2018年に聴いた楽曲の中から選ぶ、第2位はこの曲。

小泉今日子「大事な気持ち」

・作詞 小泉今日子、菅野よう子 ・作曲 菅野よう子

1996年11月21日発売のAL『オトコのコ オンナのコ』収録曲。

大事な人への想いが、綴られている。

ピアノ1本のシンプルなバラード曲。(☆4.5)

大事な気持ち

※Amazomで30秒視聴できます。

正確には後半でストリングスが、気持ち程度入ってきますがピアノ曲と言って良いでしょう。

華原朋美「MOONLIGHT」(96)の表現をもっと大人っぽく、現代的にした雰囲気?

あと鈴木あみin my diary」(99)も近いものがあると思います、それらが好きな方ならば気に入るかもしれません。

派手さはないけれど、時代に左右されない長く聴ける曲だと思います。

曲の雰囲気としては優しいのだが、ピアノのメロディーが物悲しくも癒される。

詩で語られている事自体は、なんてことない日々の中の心の情景なのですが、彼女の歌と語りによって、ドラマチックに優しく切なく響いてきます。

またこの曲は、歌とセリフがあるのですが

両方がパート毎に独立している感じではなく、自然と混ざり合って進んでいくのが最高です。

歌とセリフという意味では、普通のPOPSというよりも”ミュージカル的”と言えるのかもしれませんが、

ミュージカルは、個人や集団の想いや感情を、歌やセリフでオーディエンスに向けて放出するイメージで。

この曲の場合は、あくまでも個人と個人の、(ささやかだけど好きな)感情のやり取りの印象で、

例えるならばキョンキョンと”文通“しているというイメージの曲ですね。

いや、詩の中でハッキリと(国際)電話というフレーズが出てくるし

それで間違いないのですが、会話しているハズなのに主人公が、本当に言いたいことを言えないのもあってか、どこか一方通行的に感じます。

それもあってか、アナログ的な行ったり来たりな感情のキャッチボール感が

瞬時(リアルタイム)に相手と意思疎通する電話(それこそメールでも)より

“文通”「手紙」というアナログ、ぬくもり感がしっくりくる気がします。(強いて言えば電話にしても留守番電話っぽい世界観)

歌い方も優しくて、曲調もゆったりだから、気付きにくいと思うのですが、

これ実際に歌う(かつ心地良い空気感を出す)となるとかなり難しい曲だと思うんですよね。

そこは女優、歌手活動共に経験も豊富な小泉さん、歌は安心して聴けるし、語りも見事なんですよね、

感情の起伏も出し過ぎず、薄過ぎず。

実際は不明ですが、特に語りの部分は譜割りは何小節~小節迄の間とかで決められてて、後は彼女の感覚で任されてると思うのでその辺りのバランス感覚も絶妙だなと思いました。

キョンキョンに、キュンキュン!?

1曲を通してだと大人の女性という感じなのですが、曲の端辺をひろっていくと

若干心配性というか「構ってちゃん」ぽさもあったり、非常に可愛らしい女性像も見て取れます。

そんな彼女の側面にいわゆる「萌え」というより、「ぼえー」(絶対違う^^;)としてしまう。

そして曲中で、リスナーにすごく近い距離感で、胸の内を伝えてくれるから

そっちはどうですか?」など自分に尋ねられている様でドキッとするし、無礼なのは承知の上で妄想の中の彼女(小泉)と交流しているような シンクロ感も持ち合わせていますね。

だけど、彼女の柑橘系パーソナリティーのおかげか、甘くなり過ぎないのが、いいバランスだなーと思います。

仕事で疲れた時、寝る前などに聴くと、カラ元気ではなく「よし明日も頑張ろう」と、しみじみ思える楽曲だと思います。

伝えたいことと、大きな優しさが時を超える

日常的なことはどんどん口から言えるのに、本当に伝えたい

早く帰ってきて」が言えない。

それは、消極的な自分の「弱さ」から言えないわけじゃなくて

遠くの彼の仕事や目的を理解して応援しているからこそ、

彼への余計な負担をかけたくないという「優しさ」から言えない、言わないのだという事でしょう。

と同時に、その優しさに大きな母性も感じます。

そういう意味では、表向きは恋人へのメッセージかもしれないけれど

岩井俊二監督Love letter』(95)の世界観じゃないですが

今はこの世界を離れてもう会えない両親だったり、大切な人へ

そっちは元気ですか?(帰ってきてとは言えないけど)またいつか会いたいな

という解釈にも広げられます。

大人の世代が子供の頃に体感し、今となっては幻の様で、

でも確かに聴いた、存在した暖かい子守唄、ベッドタイムストーリーの体験を再び。

そんな思い出の、優しく暖かなリバイバル・メッセージとしても聴けるのかなと思います。

そういう意味では最高の子守り唄かもしれない。

この曲は今後も一生聴ける曲だと思っています。

「大事な気持ち」イメージイラスト

この曲をイメージして、ジャケットを描いてみました。

こちらです。

イメージは、曲そのままですが夜空に恋人を浮かべ、その映像と会話する女性。そして日常のふとしたドラマ性。

背景色は、何となくハマらない感もありつつ、ずっとグリーンカラーでしたが、

この曲の夜空と少女性・・・やはりロマンスブルーだと、最後の最後に青に変えました。

今回は小泉今日子「大事な気持ち」楽曲レビューでした。

次回は、さらにマニアックな2018年の1位曲の発表です。

お楽しみに。