佐野元春「境界線」レビュー 君のヤングブラッズは 今も駆け巡っているか!?

シャッフルレビュー第76弾。

今回選んだのは秋にも合う、爽やかなこの曲

佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド「境界線」

2015年4月22日発売の配信限定Sg曲。(7月発売のAL『BLOOD MOON』からの先行Sg)

かつてのヒット曲「Young Bloods(85)を彷彿とさせる、リズミカルなメロディで届けられる、メッセージングアッパー曲 (☆2.8)

佐野元春 2015最新シングル「境界線」 リリックビデオ(佐野元春 – DaisyMusic)

自分の中の不安や迷いを認めつつ、今の現実と向き合って
日々、等身大で境界線を超えてゆこうと。
 
メッセージ色の強い曲ではあるけれど、軽快なメロディで
サラッと歌い流しているのが聴き易いし、人間ぽくて格好いいなと思う。
 

流れ続ける ヤングブラッズ

冒頭でも触れた「Young Bloods」は1985年に発売されたヒットSg曲で、ブラスサウンドも特徴的な、軽快なメロディに載せたメッセージ性の高い曲です。

ここでは、2018年に行われたスガシカオ デビュー20周年記念「スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~」にゲスト出演された時の映像を紹介します。

「ヤングブラッズ」佐野元春・スガシカオ (佐野元春 – DaisyMusic)
 
短いハイライトシ-ンの中に、曲の魅力が詰まったスリリングな映像だと思います。
気になった方は、「Young Bloods」の楽曲もチェックしてみて下さい。
 
「境界線」も上記で紹介したリリックビデオの部分の歌詞はちゃんと見ましたが、
例によって歌詞カードをちゃんと読まない(読みたくない)人間ですが、耳に残る印象だけでも
サウンド面だけじゃ無く、歌詞も「Young Blood」と連動性のある世界観に感じます。
 

このリズムで背中を押されたら、嫌味なく、自然と前向きに走り出したい気分になると思います。

タイトル通りの、各々の中に流れてる(人によっては眠ってる?)”ヤングブラッズ”を掻き立てられる感じ。

「境界線」「Young Bloods」の2曲とも、明るさの中にも切ない煌きがあって

強迫観念では無く、”今やらなきゃ”

“今走り出さなきゃもったいないんだ!!”

と良い意味で自主性を持って境界線、ハードルを次々と突破していきたい思わせてくれる

背中を押してくれる2曲だと思います。

ある意味、永遠の青春疾走曲だなと思います。

PVもあります

冒頭ではこの曲のリリックビデオ(ショートサイズ)を紹介しましたが、

少しだけ特殊なとこがあるので(嫌いじゃないが)、
まずは曲の魅力をストレートに聴いて(観て)欲しかったので
敢えてフルサイズのPV紹介を最後にしました。

「境界線」 – 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official)(佐野元春 – DaisyMusic)

元春さんも、バンドの方達も良いなあ、格好良い大人達だ。
曲もフルで聞くとまた違う印象だと思います。
 
奇遇にも10月7日に発売の、デビュー40周年のベストAL
THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 – 2020』には

 この曲が新たに「境界線(2020 mix & radio edit)」として収録されている様です。
どんなアレンジになっているのだろうか、気になります。

と言う事で、今回は佐野元春&ザ・コヨーテバンド「境界線」の楽曲レビューでした。

次回までも、日々ハードルを越えていきましょう。

・・・君がそこで待ってる!