Bow Wow「Let Me Hold You feat.Omarion」レビュー ほろ苦い夏のメモリー鎮魂歌

プレイリストをシャッフルして、出てきた楽曲15曲の中から1曲をセレクト。

ちょっとマニアックな音楽レビューの第26弾。
今回選んだのはこの曲です。
 
BOW WOW 「Let Me Hold You feat.OMARION」
2005年発売AL『WANTED』からのシングルカット曲。
 
切ないメロディーと、rapがクールなR&Bヒップホップのナンバーです。
 
Luthe Vandrossの「If Only One Night」がネタとして使用されています。
イントロやちょうどタイトルコールのコーラス部分ですね。
 
ちょいドラマ仕立てのPVがこちら。
 
Bow Wow – Let Me Hold You ft. Omarion (BowWowVEVO)
※PV冒頭はドラマパートから始まります。
 
改めてPVを観ると、いわゆるパーティーピーポー感全開なのですが、
洋楽のPVは、こういうセットというかシチュエーションが非常に多いですよね。
 
普段のライフスタイルがパーティー文化ですから、
ホリデーのごく自然な光景なのかもしれませんが、日本人としてはあまり馴染みのないシーンなのでちょっと羨ましいです。
ちなみにこの曲の旬の時期は夏の終わり~秋だと思います。
 
夏の日焼け(恋愛)して火照った肌が、少し肌寒くなり
彼女と過ごしたあの頃を、ちょっとだけ懐かしく思い出すような、ほろ苦い雰囲気。
(まあ、詳しい歌詞(意味)は分からないので、雰囲気ですけどね)
 
この鎮魂歌のような雰囲気も好きですね。
PVのイメージとは全然違いますが、個人的に
“アジア”や”仏(教)”を感じます。線香の細い煙とかが似合いそうな感じ
 
シンセ音も、霊魂が旋回しているような印象を受けます。
当時、MTVかスペシャなどで流れてるのを観て気に入って、
このアルバムを誕生日に、自分に買いました。(!)
 
そういえばあの当時は、TV観るのが好きでよく音楽系の専門チャンネルもチェックしてました。
今はyoutubeの各公式チャンネルで初出しが多いと思いますが、
新曲のPVの解禁が地上波より(もちろんネットより)も早くて
PV初出しが専門CHというのが多かった気がします。
 
今ほどyoutubeも一般化されておらず、今ではスタンダードになりつつありますが
それを使ってプロモーションするという企業自体が、まだ非常に少なかったと思います。
画質も綺麗なもので今で言う一番下の”144p”位ですかね?かなり荒かった気がするのと、
やはり映像(ストリーミング)では、TVがまだまだ優位の時代でしたからね。
 
あとは、音源だけでいうとやはり圧倒的にラジオ(AM・FM)が一番早かったですよね。
(情報番組で”PV解禁!”と取り上げられる様なアーティストは、今でも地上波TVが多いですが)
新曲解禁に合わせてよく、ドキドキしながら音楽番組を聞いていたのを思い出します。
 
ネットは情報も早いし便利な分、主に映像、視覚の部分ですが
足りない情報を、想像で補う機会がだいぶ減ったなとは思います。
 
さて、曲の方に戻ります。
この曲でfeatされているOMARIONですが、
新作(とは言っても2014年末ですが)をチェックしてみたら中々良くて、
書いていたら長文になってしまったので、また別記事でアップします。
 
ということで、今回はBow Wow「Let Me Hold You feat.Omarion」でした。
 
次回もお楽しみ
に。
 
DEHA!!