2016年ベスト選曲集

シャッフルレビュー特別編、2016年のマイベスト曲のまとめです。※追記有り
 
楽曲部門は、こちら各レビュー記事へのリンク有り
 
1位 くるり「琥珀色の街、上海蟹の朝」
くるりのレビューなのに、何故か大原櫻子や大塚愛の話も飛び出しました。
 
2位 アンジュルム「次々続々」
こういうキラーチューンがあるのは大きいですよね。
※↓今回の2位を記念して、おまけレビュー記事
 
3位 桐谷健太「何か」
こんな世界感、良いですね。
 
4位 前田敦子「冷たい炎」
彼女の歌声、曲とが見事に融合してます。
 
次点では、三浦大知「Forever & Always」、Little Glee Monster「私らしく生きてみたい」辺りもヘビロテしてましたね。JUJU「NEVER STOP」カバーも鬼リピしましたが、この音源自体が、かなり昔のものらしくてランキング除外です。
 
 
◎アルバム部門
アルバムは今回は敢えてランク付けは無しでピックアップすると
 
・宇多田ヒカル『Fantôme』ジャケも良いですし、何より内容が鬼才健在というか、クオリティの安心感と聴き応え感は伊達じゃないですね。数年のブランクが有っても、リリースと同時に第一線に戻れるのは凄いことだと思います。曲的には「俺の彼女」が一番好きです。
 
・星野源『YELLOW DANCER』(2015年12月発売ですが、2016年作品扱いにしました)
このCDはジャケが苦手で発売からしばらくスルーしてましたが後で後悔。(年末?何かの賞で2016年のベストCDデザインに選ばれていたのを見て、自分のセンスが悲しくなりましたが^^;)
 
山崎まさよし系を想像していたのですが、クラブ・打ち込みテイスト感もあって好きな世界観でした。このアルバムを聴いてあれ?「恋」の曲入ってるじゃん、と思うほど血の繋がった「時よ」や「Soul」辺りもオススメです。
 
 
洋楽だと、Eric Bellingerの新作やJustin Biber
このサイト的には、昨年自分自身レビューきっかけで出会ったOmarionのデジタルアルバム『Sex Playlist』は、一年を通して長く聴けたアルバムなので、2014年12月発売作品ではありますが(もう何でもありかい)、ある意味去年のベストな1枚ですね。
 
他にもRADIO FISHのアルバム『PERFECT HUMAN』や、
℃-ute『℃maj9』、ゲスの極み乙女『両成敗』も良盤でしたね。
 
新人としては、ぼくのりりっくのぼうよみは、デビューアルバム(mini?)からチェックしていて、今でも新作が出る度チェックしており、若干斜めに突き上げボイスも割と好きですね。
 
逆にPerfumeaikoももクロ辺りのアルバムは、個人的には前作の方がリピート出来たので、次回に期待です。
  
ここに上げたタイトルを見ていくと「ミーハーやなあ」と自分でも思いますが、コアな曲もマニアックな曲もやはり根底はPOPSにあると思うし、ここはずっと聴き続けたいジャンルなので、2017年も楽しみです。
 
※追記
発売年関係無く、個人的に2016年にハマったアーティストを上げていくと
 
・まずYeLLOW Generation、アルバムを買ってから数年そのまま放置していて、ようやく聴いてみたらハマリ、なんでもっと早く聴かなかったのかと後悔。「北風と太陽」は未だに苦手ですが、聞いて良かった。
 
・大貫妙子さん「メトロポリタン美術館」は子供の頃から今でも一貫して好きなのですが、ほかの曲をちゃんと聞いて、ハマりました。独特の世界感とフワッと切れ味。
 
・あとはSHAZNAはリアルタイムでは勿論曲は知っていましたが、ようやくちゃんと円盤で聞いて結構リピートしていました。シングルは中期後期が好きかな。
 
 
洋楽ではJustin  Biber今更ながらハマりましたね。というのも、職場のだいぶ年上の方に勧められて、「え、今更ベイベーベイベーとか別に・・・」と思いましたが、ちゃんと聞けばちゃんと良さに気づくもので。
普通に「Sorry」もカバー曲でハマっていたので、アルバムを聞いて「え?ジャスティンの曲だったん?」と逆に衝撃が。『Purpose』より他の作品が好きですね。ダンスチューンも良いですが、それ以上にアコースティック曲が光るアーティストだと思います。
 
 
ちなみに今、期待度no.1の作品は、4月にリリースされる三戸なつめのアルバム「なつめろ」ですね。
 
ということで早くも3月ですが、今年も積極的に楽曲レビューして行きたいと思います。
 
 
今後も気になった記事があったら、チェックしてみて下さいね。