柴咲コウ「Glitter」レビュー 部屋の中で起こる 4分間の星のパレード

シャッフルされたお気に入り楽曲15曲の中から1曲をセレクト。
ちょっとマニアックな音楽レビューの記念すべき第20弾。
 
今回選んだ曲はこの曲です。
 
柴咲コウ「Glitter」
2005年2月16日発売されたシングル。TBS系『恋するハニカミ!』テーマ曲
・作詞 柴咲コウ ・作曲 市川淳 ・編曲 華原大輔 ストリングス・アレンジ 前嶋康明
柴咲コウ – Glitter  /  KouShibasakiVEVO
 
ジャズ風でリズムカルなミディアムソングです。
 
本人作詞の、ふとした家庭の中の風景を、まるで童話のように質感良くかつ、ファンタジーに描いた詩の世界観は秀逸です。
 
音色やメロ、アレンジも含め全体的に非常にお洒落で、上質感が溢れています。
 
楽曲としても、もう少しかわいいと(甘々な)アイドルメルヘンな世界になりそうなところが、

格好良いメルヘンで収まっている所(バランス)に、製作陣のセンスを感じます。
 
世界感に浸りカッコつけても”さま”になるし、自然体に笑顔で歌っても照れを感じさせない、越妙なバランスです。
女優アーティストが歌う、ミディアムポップスとしては最上級と言っても過言ではない、理想的な楽曲だと思います。
 
PVのメリーゴーラウンドを主軸にサーカス風の演出も、良いです。
曲にしろ映像にしろ世界観がバチッと作り込まれているから、ポップかつ非常に格好良いです。
 
唯一、あれ?と思う点は強いて言うとジャケット位ですね。
マライア張りの貫禄溢れる(海外風)ジャケは、ちょっと”誰得?“なのだろうと当時思いました。
タイトルとは合っていますし、インパクトはありますけどね。
 
曲の世界観とはちょっとずれているかなと思います。まあ、狙いで
この世界を仕上げる、(創造主的な)魔法使いのイメージであえて一線を引いたのかもしれません。
 
今回選んだことで、久々に曲を聞き返しましたが、そのクオリティーに改めて感動しました。
 
さながらこれは4分間の、上質なディナーショーを体感(トリップ)しているようです。
 
ということで今回は、今の冬の時期にぴったりな世界感の、柴咲コウ「Glitter」のレビューでした。
 
DEHA!!