やっぱり安室奈美恵「Final Tour 2018~Finally~」LIVE DVD初回盤が欲しくなった

今回の新作Pick upは

引退の日も迫るこの方の作品です。

安室奈美恵のラストライブツアー映像作品

8月29日発売LIVE DVD/Blu-ray「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

【予約受付中】LIVE DVD&Blu-ray「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」-TRAILER MOVIE-  

いやー6月から大々的に予約開始され、各通販サイトが趣向を凝らして、予約合戦を繰り広げていましたね。

自分はTK後期~2000年中期のちょっとハラハラする時期が一番思い入れがあり、かつてはFCはもちろん凱旋LIVEに行く位好きだったんですが、

『60s 70s 80s』『BEST FICTION』(07)と、世間に再び歓迎されているのを見届けた辺りからは、好きな気持ちは変わっていませんが、徐々に一線を引いて応援する形になっていました。

なので今回の映像作品も、大ヒットするだろうから、しばらくして安くなった時に中〇で・・・なんて思っていたのです。

しかし、発売が近づくに連れ、CM等に触発されたのか分からないが、やはり彼女の長年に渡る歌手活動をおめでとうという気持ちに応えたい。

日本における”安室奈美恵”というアーテイストのエンターテイメントな存在は、大きく言うと海外で言う、マイケルやビートルズのそれに近い位の影響力があると思うのです。

そして、そんな彼女の人生で一度の引退の時期を世間の多くと共有出来るというのは、日本の音楽史においても(真面目に)貴重な出来事だと思ったので、

せめて、DVDくらいは最後にリアルタイムで買って共有(立ち会おう)と思ったのでした。

初回盤の5種類について

このLIVE DVDは

①東京ドーム最終公演

②25周年沖縄ライブ

上記2つのDiskは通常盤でも永続的にセットになっているのですが、

初回盤にのみ3つ目のDiskを選択できるのです。

まあそれだけ個別に出してくれればとか、色んな面でエコじゃないなとは思いつつも、あくまで本編はドーム本編の方だし、これはあくまでおまけ(特典)Diskだと考えればまあ仕方ないかと。その上で、色々楽しみたいファンに選択肢を与えてくれていると捉えました。

言い方はアレかもしれませんが長年、様々な出来事があってもリタイアすることなく走り続けてきてくれた彼女(そして周りのスタッフ)への退職金代わりだと思えば、まあ許容範囲だと思います。

また渋っていた自分が今回、買おうと思ったのは、5種類のDiskをずっと永続仕様だと思っていたのですが、初回盤が終了次第購入不可能になってしまうと知ったのも大きいですね。

そんな3枚目のDiskの内容は

以下公式文章より

各地5大ドームから1公演
【ナゴヤドーム】海外アーティストも絶賛のディレクターが洋楽テイストに編集
【福岡ヤフオク!ドーム】今回唯一の女性ディレクターが安室奈美恵メインに編集
【札幌ドーム】数多くのアイドルグループを手がけるディレクターがグループショットメインに編集
【京セラドーム大阪】ダンスジャンルを得意とするディレクターがダンスメインに編集
【5月東京ドーム】ライブ映像の礎を築いた大御所ディレクターが安室奈美恵と観客の感情を豊かに編集

本命はジャケ写からもメイン的な東京でしょうね。ディレクターの方の腕も良い様なので、いずれは観てみたいですが、でもこれは一番市場に出回りそうで、見れるチャンスも多そうなので、あえて選択肢から外しました。

福岡の安室メイン編集も何年も一緒の女性Dという事で良さげだし、アイドル編集な札幌も捨てがたいと迷ってしまった。

そこで先週土曜にAbema TVで放送された

安室奈美恵ラストツアーDVD 5種類の初回限定盤5大ドームの違い公開SP (新規ウィンドウで開きます)

の番組を見て、どの種類を購入するか決めて通販で購入しました。(興味のある方は上記のリンクから9月2日頃までビデオ放送で無料視聴できるようなのでチェックしてみては)

自分としては札幌、福岡と迷ってやはりダンスに着目して観てみたいなと思ったので大阪を選びました。

ジャケット人気は一番低いと思いますが、肝心なのは中身です。

彼女のアップ率は他の物と比べて少ないと思われますが、彼女の表情等はもう一枚の最終公演の方でバッチシ見れると思ったので、もちろんビジュアルも彼女の魅力でありますが、もうひとつの彼女の魅力/こだわりであるダンスの構成を、ダンサーチーム含めてどんな演出で魅せているのか見てみたかったからこれに決めました。

皆さんはどの種類にしたでしょうか?選びきれず/特典欲しさに複数買った方も多いと思いますが。

購入を迷っている人へのアドバイスとしては、この出荷量とこれまでの自分の勘だと、ネットの安い店舗では9月上旬に徐々に初回盤は姿を消しそうですが、店頭含め1、2日レベルで初回盤が手に入らないような事にはならないと思います。(あくまでも予想なので保証は出来ません)

『Finally』の初回盤と同じくらいのバランスでの流通になると思います。注意しておきたいのは彼女の引退日近くなると各種メディアでも取り上げたりで、一般層の大きな動きもありますから(ビジネスとしては最低ここまでは初回盤を買える在庫状況がベスト)、引退直前まで在庫があるのは期待したいが、少なくとも人気の種類(福岡・札幌辺り)は早々と姿を消す気がします。意外と東京は、一番生産してそうなので最後まで残ったりして。

ただ、彼女が好きでも、すぐに手に入れるのは難しいという方も多いでしょうから、リアルタイムで味わえないのは痛いものの、来年以降まで(中古等)待つのも一つだと思います。

今週中には届くと思うので観たら、イメージと違う部分もあると思いますし、感想をアップしたいと思います。

DVDから先に売り切れる!?

色々見てみるとBDよりもDVDの初回盤が先に売り切れになっている所が多いですね。そして、やはり福岡、札幌、東京の3TOPが人気でしょうか。

各オンラインショップではそれぞれ独自の特典がありましたが(現在は終了しているものも有り)、今回に限らずですが、ほぼ全て特典付きは値引きが無いんですよね。

今回の場合、Amazomや楽天あたりで割引有りの特典無しの物と比べると、その差額が大体2000円前後なので、実質2000円でそのオリジナルグッズを購入していると捉えて良いでしょう。

迷ってしまう方は、一度冷静にその差額の金額でそのグッズを単体で欲しいかと、考えてみると良いと思います。

その金額を払ってでも欲しいと思ったら特典付きを。グッズは欲しいけどその金額なら買わないかなと思ったら、特典無しを選ぶというのがスマートだと思います。

グッズ大好き人間な自分ですが、今回は特典無しにしました(限定音源とかだったらまた違ったんですがね)。

ちなみに、珍しいですがDVDとBD(ブルーレイ)も値段が同じなので、用途に合わせて選べるのが良いですね。

ブルーレイ再生は出来るけど、別に高画質で見れる環境じゃないしという方も、DVDだと5枚組のところ、BDだと3枚組に収まっているので、単純に入れ替えの手間が省けるのと、後のTV環境のことも考えてBDを選ぶというのもひとつの手だと思います。自分もこの理由でBDにしました。

DVDの方が色々な場所で再生出来るし、再生時の小回り?が効く気もするのですが、何だかんだ家でしかみないと割り切りました。

予約だけで100万枚突破だとかニュースになっていましたが、CDの出荷枚報道然り、こういった発表枚数はちょっと盛られてるとこもあると思うので、話半分に期待だけしつつ。

それこそ1種類でも彼女の引退後も何年も売れ続けるだろうし、ミリオンはいずれロングセールスで自然と達成したとは思うが、予約枚数の報道を参考にすると初週実売でも70~80万位いくのか!?映像ソフトでこれは凄いことだが・・・・。

まあこの複数売り自体が、レコ会社の映像作品でミリオン突破の記録も目的の一つだと思うので、早々突破しそうだが。

という事で、今回は発売直前の安室奈美恵のLIVE DVD/Blu-ray『namie amuro Final Tour 2018~Finally~』の記事でした。

直前になって迷っている方の参考になったら幸いです。