Michael Jackson「Remember The Time」死ぬか魅せるか インディーマイケルの挑戦

シャッフルレビュー第32弾。今回選んだ曲はこちら。

Michael Jackson「Remember The Time」

1991年11月発売アルバム『DANGEROUS』収録曲。翌92年1月にシングルカット。

民族的匂いを合わせ持つ、怪しげな雰囲気のダンスナンバーです。

本人やエディ・マーフィーも出演のショートフィルム(MV)がこちら

Michael Jackson – Remember The Time (michaeljacksonVEVO)

※曲自体は3分30秒頃から流れます

ショートフィルムでは、古代エジプトを舞台にインディージョーンズの様なマイケルワールドが展開されています。

映画などでたまに見かけますが、冒頭のドラマパートの様に、王たちの前で芸を見せ、喜ばせられないと死刑というような事柄は、国は不特定としても当時本当にあったのでしょうかね?(自身もDQ4で旅芸人を連れて王様を笑わせた記憶はありますが・・・)。

もしあったとすれば、その試される演者たちの心境は“死ぬか魅せるか”だなと思いました。

MVを通しても曲はやはりクールで、テンポもわりとスローなのに濃厚ドラミディアムに展開していくので、映画のテーマソングのようなスケールの広さも感じます。

劇中でも見られる、マイケル流の民族ダンスもエキゾでカッコイイです。

このMVのマイケルのヴィジュアルは、若干髪が長いのが気になりますが、一級の造形品の様なマスクとモデル的なオーラが伝わってきます。実際よりも華奢に見えますね。

古代エジプトの民族衣装を取り込んだマイケルの衣装ですが、あの上の金キラゴールド衣装はちょっとキツイ^^;ですが、腰から下のアレンジはお見事で格好良いと思います。

マイケルといえば、先日『Off the Wall』のデラックス・エディションがリリースされました。

『Thliller』『BAD』の25thエディションは予約して購入したものの、今作はまだ手にしてないです。追加ボーナストラックが無いのが残念です。

今回の特典の目玉であるドキュメンタリーDiscは、画質重視の構成では無いのでDVD付属版の方でも良さげだとか(Blu-ray付きも有)。ちと様子見です。

ということで、今回はMicael Jackson「Remember The Time」でした。

コメント

  1. flat より:

    1993年8月に大きなスキャンダルが襲い掛かりゴシップスターとしての側面が強くなってしまったのでDANGEROUSはマイケルが衒いなくスーパースターであった時代の最後のアルバムですね
    あの出来事がなければあと5枚くらいはちゃんとしたオリジナルアルバムが作られてたんじゃないかと思うと実に惜しい
    古代エジプトの壁画をモチーフにしたような振付がシュールだけど面白いです
    あの華奢な体のどこにこんなに強靭な体幹があるのかと思うほどダンスのキレは見事ですね
    ラストに砂に変身して逃げる場面は「Beat it」と同じく戦わずに逃げることを美学とするマイケルの非暴力主義が良く表れていると思います
    Remember the Timeはテレビやライブでちゃんと踊った映像が残ってないらしいのがもったいない

    • tona より:

      コメントありがとうございます。「DANGEROUS」が、いわゆる全盛期ラスト作品に当たるんですね。
      自分は「Invincible」からファンになったので、それまでの時系列は
      何となく『History』以降はベテランアーティストにありがちな「ベスト/企画物」連発のターンに入ったのかなという印象でしたが、
      その背景にはそうしたスキャンダルなども影響していたのですね。

      >古代エジプトの壁画をモチーフにしたような振付がシュールだけど面白いです
      >ラストに砂に変身して逃げる場面は「Beat it」と同じく戦わずに逃げることを美学とするマイケルの非暴力主義が

      ユニークだけど、マイケルマジックで格好良いですよね。
      他の曲も含め、文化、ファッションなど積極的にパフォーマンスに取り入れる姿勢も素晴らしいですね。
      最後のシーンについても、なるほどマイケルの美学が象徴されたシーンでもあったのですね。
      そう言われると、実に彼らしいなと思いました。

      >Remember the Timeはテレビやライブでちゃんと踊った映像が残ってないらしいのがもったいない

      そう言われて、この曲はPV以外パフォーマンスを見てないかもと気付きました。
      完成度が高いだけに勿体ないですね、となるとこのPVでのパフォーマンスは非常にレアなのですね。
      今度からPV見る時はまた違う感覚で見れそうです。^^