サカナクション「新宝島」レビュー 問答無用で最高

改めまして、今年もどしどしレビューしていきますのでよろしくお願いします。
 
今回は、iMusic Shufful 特別編ということで
少しの間2015年のマイベスト楽曲を更新していこうと思います。
※選考対象は基本的に2015年にリリースされた楽曲の中からセレクトしています。
 
それでは、マイベスト楽曲の第4位は・・・・
 
サカナクション「新宝島」
2015年9月30日発売。映画『バクマン。』主題歌
作詞作曲 山口一郎
 
サカナクション / 新宝島  NFRecords sakanaction  
 
この曲は、発売当時歌番組か何かで耳にして凄く耳に残ったのを覚えています。
 
メロのちょっとレトロな音色と切れ切れなフレーズを横乗りで聞きつつ、サビに入るや一気に開放感・疾走感が溢れて、気持ちよく縦ノリになる感じが最高です。
カッコ良くて、気持ちよくて、エモいという理想的な楽曲です。
 
サカナクションは2年ぶり位に聞きましたが、惚れ直しましたね。今後も長く活動して欲しいです。
 
PVもまたユニークです。セットから、チアダンサーズや本人たちの演出など昭和のレッツゴー〇ングやドリ〇のような「狙ってる」感も、全く嫌味や恥ずかしさを感じません。
 
これは楽曲の力だと思います。この曲だからこそ、どんな事をしても(クールでも、おふざけでも)何故かハマってしまうという。
 
このPVが成立している事により、楽曲の持つブレないパワーを再認識出来ます。
(おまけ)ハロプロ好きの人は特に注目して欲しいのが、PVの2分40秒からの、自称”モー娘。ステップ”をしているシーンです。ニヤリとしてしまう^^;
 
ちなみに、本作は主題歌にもなっている映画『バクマン。』をかなり意識した楽曲のようですが、個人的には、内容も含め全く知らないので、この楽曲への感情の伸びしろは、まだまだありそうです。
正直『バクマン。』ファンの方が羨ましいですもん、絶対何倍もリンクして楽しめるのだろうなと。
ということで、いつか映画を観る事があれば、さらに化学反応を感じるかもしれません。^^
 
タイアップ元や曲背景や評判含めて全て切り離したところで、純粋に曲の魅力だけで惚れ込み、問答無用で最高!と思えたシングル曲は久々でした。
 
ということで、今回はサカナクション「新宝島」でした。
 
次回は第3位の発表です。お楽しみに。
 
DEHA!!