Def Tech「The Day Dream」レビュー 最善を尽くして 立ち尽くしたあなたへ

2016年ラスト!マニアック音楽レビュー第39弾(!)今回選んだのはこの曲です。

Def Tech「The Day Dream」

2011年10月5日発売アルバム『UP』収録曲。

作詞 Def Tech 作曲 Def Tech、 Jhon Fontein、Hamuro

力強い信念と優しさの溢れるバラードナンバーです。

「あれ?デフテックってmy wayの一発屋でしょ?」という方もいると思いますが、あくまであれは序章です。

彼らは現在でもコンスタントに新作をリリースしていますが、その音楽センスとクオリティーの高さは定評がありますね。

日常の仕事や家事に疲れた夜に聴いても非常に癒される曲だと思います(曲的には夜より夕暮れですが)。

知らない人は絶対に聴いて欲しいです。

曲の背景 災害を前にして

今回この記事作成にあたり、初めて知ったのですが、この曲は2011年3月に起きた東日本大震災と関連のある曲のようで。ただし、被災者の方へ向けた応援歌は数多いですが、この曲は被災した方だけではなく、災害やニュースを知りショックで心を痛めつつも、自分たちの無力さに嘆く人達へのメッセージの意味もあるようです。

こういった角度からのメッセージソングは珍しいですね。しかもメッセージといっても偽善ぽくも押し付けがましくもない、本当にナチュラルで柔らかいエール曲です。

人間の文明は高度発展を遂げたとはいえ、震災や台風、洪水など自然の前では時として赤子同然のようになってしまうこともあります。また、その出来事の当事者に対して「どんなに辛くても負けないで頑張ろう!!」「私達も、負けずに全力で応援してます!」などの人々からのエールやボランティア活動など。

もちろん、こうしたエールや呼びかけ、ましてやボランティア活動の方々のアクションで、多くの人の1日1日を乗り切るパワーや、生きる希望に繋がる事には全くの同意かつ理解した上で、

それでも人(他者)が出来ること・してあげられることの限界点や無力さをふと感じて、嘆きたくなる場面もあるかも知れない。だけど、”そんな自分を責めないで“と。この曲では優しく語りかけているのかもしれません。

ここでふとドラマ『1リットルの涙』(2005)1シーンを思い浮かべました。難病を抱える少女亜也(沢尻エリカ)が、辛いリハビリの毎日を送りつつも、病状は進行していくのみ。

水野医師(藤木直人)が亜矢を「絶対に諦めちゃいけない」と励ましつつも一向に治療法が見つからず、研究室に篭って新治療法の研究をしても成果も上がらない一方で、亜矢はより体の機能を失っていく。

そんな日々の中で、水野医師が目の前で必死で生きる患者(亜也)に感化されつつも、助ける事が出来無い無力な自分に感情が爆発する。そのシーンを思い出しました。これは、一例だし先の災害の件や他の困難なことを前にした状況など、当てはまるケースは様々だと思います。

皆それぞれの立場で、出来る事を頑張っていて、それが必ずしも目に見える結果に繋がらなくても、その姿勢は無駄ではないし、その力は相手や周りの人達にも伝わるはず、だから自分を責めないでと。

もちろん「どうせヒトの出来る事なんてたかがしれてるから、止めておこう」「自分の出来ること以上の事に挑むのはやめるべきだ」という事では決してありません。

そうした支援や感情などのアクションの波自体は止めずに、進み続ける中で “最善を尽くしてもなお立ち尽くしてしまった“人達へのメッセージなのだと思います。

「The Day Dream」イメージジャケット

この曲のイメージジャケットを描きました。

こちらです。

DefTech「The Day Dream」Image Illust

分かりにくいと思いますが、これは雨を傘で防いでるわけじゃくて、傘から雨を降らしているのですね。でも冷たい雨ではなく、優しい雨。

時として何かを守ろうと思っても、離れた所から見たら全然守れていなかったり、むしろより複雑化させていることもあるかも知れない。その優しさは、相手の場所に届くまでには形や色は変わっているかもしれない。けれど、根底に有る善意や想いは届く(伝わる)はずだ、と。そんなイメージで描きました。

書いてる途中で映画『シェルブールの傘』を思い出し、穏やかな気分にもなりました。てか、今気づきましたが、今までジャケットイラストは全て横長方向で書いてたのに、今回縦長方向だ・・・。まあ今から無理に変えてもあれなんで、これはこれでいいか。

そして、アルバムの中でこの曲は1曲目なのですが、次の2曲目は先行シングルにもなっている「Golden Age」という曲なのですが、またこの曲も良い曲で、PVもフルであるので紹介します。

Def Tech – Golden Age (Def Tech)

めちゃくちゃ、キャッチーでかつ長く聴ける曲だと思います。

個人的にこの曲は、彼らの大ヒット曲「My Way」の続編だと勝手に思っています。まあ曲調や世界観が近いというのもありますが、ここがどうだからというよりも”感覚で”ですけどね^^;

ということで、去年はMISIAの「果てなく続くストーリー」でしたが、

今年2016年は、このDef Tech 「The Day Dream」が年内最後のレビューになると思います。

いつも見てくれている方も、初めての方もありがとうございました。また、来年も宜しくお願いします。リクエストや感想もお待ちしていますよ!

そしてもちろん、来年も素晴らしい音楽と出会えますように、かつ再確認出来ますように!!