『フルハウス』から30年『フラーハウス』蘇る名シーンとキミーの大逆転劇

2017.5 DVD情報追加

※本記事はネタバレ無しです

『フルハウス』の続編『フラーハウス』

そもそもドラマ『フルハウス』(1987~1995)は、アメリカのABCテレビで放送されていた人気コメディドラマです。

男3人が子育てに奮闘するストーリーで、愛らしい子供達や様々なハプニングの先の家族愛など、日本でもNHKで放送され幅広い層に支持された作品です。

俗に言うスピンオフ作品『フラーハウス』では、あの3人がメインキャストになっています。

3人の息子を持つシングルマザーの長女のD.J. 、ミュージシャン・DJ活動するフリーター(ニートに近い)で独身次女のステファニー、娘と共に旦那と別居中の隣のお騒がせ友達のキミー

ストーリーとしては初代の男3人の子育て奮闘劇というコアに対し、本作では女3人の子育てや恋や仕事の奮闘劇となっています。

このメイキング映像を見ると何となく世界観を感じれると思います。

フラーハウス メイキング映像 <吹替版>Netflix Japan

『フルハウス』を見ていた方は懐かしい気分になったのではないでしょうか。なんといっても、主要キャストは3女のミシェル(現在俳優業から離れている為出演無し)以外、全員がそのままの配役で出演していることが感動しますね。前作から30年近く経っていますから、これは願ってもなかなか出来ることじゃないと思います。

歌やダンスシーンも割と多めでスマホやSNSも活用されているところも現代風ですね。女同士の友情も描かれているので、ファミリー版『SEX AND THE CITY』(観た事ありませんが)という印象も受けました。

あの「超ムカつく!」のセリフが印象的だったステファニー(以下ステフ)が、かなりグラマーに成長していて、D.J.とステフの見た目の対図感が子供の頃と完全に逆転しているのも、違和感がありつつもガチ感があって面白いです。ステフのふんわり感やロリ色に惹かれてた人は、ショックを受けるかもしれませんが。まあそれも含めて皆大人になっているという事ですからね。(ダニーの中年太りもなかなかですが)

あとはやはり吹き替えの声で染み付いてしまっているので、またお馴染みの声優の方々の吹き替えで観れるのは、安心できるし非常に有りがたいと思います。

ちなみに主要3人以外のキャストはレギュラーではなく、それぞれゲストとして出てくるのですが、シットコムならではの(スタジオの)観客の歓声もリンクして盛り上がりますし、所々で過去の印象的なシーンのオマージュがあったりと、前作のファンは見ていてニヤリと出来るシーン等もあります。

第1シリーズのみで語ると、やはり主役はあくまでD.J.・ステフ・キミーの3人で、初登場の子供達はまだまだこれからといったところですね。ただ、ストーリーが進むにつれ、キャラも立って来ますし、中でも注目株はD.J.の次男のマックスですね。まだ幼いながら、当時のステフの様な子役的天才肌を感じるのでもしかすると化けるかもしれません。

ミシェル不在で大出世 キミーのギブラースタイル

やはり前作のコンセプトの継承で『フラーハウス』では、今度は大人になった3姉妹が子育てに奮闘という流れにしたかったのでは?とも思います。

そういう意味では、本来ミシェルがいたであろうポジションにスライドしたキミーは大抜擢ですね。彼女の自由奔放なキャラと、提唱する「ギブラースタイル」は、一種の宗教のように近い将来流行りそうな気がしないでもない(笑)

前作からそうでしたが、基本キミーは脇役で話を引っ掻き回すキャラでしたが、今回はキャラはそのまま(むしろより強力に)メインどころで活躍している姿は憎めないどころか、この作品はキミーが欠かせないアクセントになっているので、『フルハウス』にキミーというキャラがいて良かったと思います。そういう意味でも、この出世ぶりは本作でのNo1ラッキーガールと言えるでしょう。

シーズン2配信開始!

そして今回記事を書くきっかけとなったのは、2ndシーズンが12月9日よりNetflixで全話一斉配信されるというニュースをつい先日知ったからなのです。

自分は夏にシーズン1を見て、感慨深く楽しめましたが、その時にシーズン2が配信されてないってことは残念ながら不評だったのかな?と思っていたので、このシーズン2配信のニュースを知って驚きでした。(実際は今年の3月頃には2ndシーズン制作決定の発表があった様です)

そのシーズン2の雰囲気が分かる予告編がこちらです。

フラーハウス <シーズン2> 予告編【吹替版】- Netflix [HD] Netflix Japan 

今回シーズン2のトレーラーを見る限りでは、相変わらずのドタバタ感とギブラースタイルも健在の様で(笑) クリスマスや年末のエピソードもあるようなので、これからの時期見るにはちょうど良いかもしれません。

視聴はNetflixで

現在『フラーハウス』は映像配信サービスNetflix(ネットフリックス)のみで観れるオリジナル作品ですので、視聴の際は登録が必要となります。

初月無料なので、その期間にシーズン1と2を観てしまうのがオススメです。ちなみに初月以降も続ける際はベーシック(650円)、スタンダード(950円)、プレミアム(1450円)と各コースありますが、視聴作品数の違いは無いので普通に観る分にはベーシックで十分楽しめると思います。

登録しないとラインナップが詳しく見れないのはマイナスですが、やはりNetflixは、特にオリジナルの海外ドラマが充実しているのがポイント高いですね。勿論「フラーハウス」以外にも多数の国内外の有名映画、ドラマ、アニメ等も見放題なので、興味のある方は試してみるのも良いかもしれません。

Netflix(ネットフリックス)公式サイトへ

追記

3月12日に『フラーハウス』ファーストシーズンがDVDボックスで発売された様です(下記リンク参照)。

ワーナー・ブラザーズ 内 フラーハウスDVDのページへ

なお、各種レンタル店でも取り扱いが始まった様なので、気軽に観れますね。