三浦大知『FEVER』ALレビュー 進化する日本エンターテイメント界の 和製マイケル

特別編の今回は、2015年のマイベストアルバムの発表です。
 
第1位はこちら・・・
 
三浦大知 『FEVER』
2015年9月2日発売。
※赤はシングル曲、青はオススメ曲
 
1.SING OUT LOUD  2.FEVER  3.Welcome!  4.Unlock(Album Ver.) 
 
5.MAKE US DO  6.One Shot  7.Ascertain  8.IT’S THE RIGHT TIME
 
9.Anchor  10.Color Me Blue  11.Supa Dupa Paper Plane
 
12.Testify  13.ふれあうだけで  14.music
 
公式のアルバム紹介が良い感じなので紹介します。
 
三浦大知 / NEW ALBUM 「FEVER」 -TEASER- NOW ON SALE  / avex
 
カントリーチックだったりクラシカルだったり、音のジャンルが増えた印象を受けます。あと、今回は全体的に「乾いた」感じの音が多いかもしれません。
 
以前が割と攻めたダンスサウンドが多い印象だったのですが、今作は”Disney”感というか、洗練された”ファミリー向けエンタテイメント”な印象を受けます。
 
アルバム1枚を通してカッコよさだけでなく、優しさや暖かさを感じます。作風の変化については本人の結婚し、家族を得たことも関係しているのかもしれませんね。
 
リピート度で言うと、正直前回や前々回のアルバムの方がヘビロテしましたが、今回は良い意味で1枚を通して、安心して聴けますね。
 
 
アルバムにも収録されているバラード「IT’S THE RIGHT TIME」もオススメです。
 この曲はPVもあったので、ご紹介。
 
三浦大知 / IT’S THE RIGHT TIME -Choreo Video- (Short ver.)  / avex
 
人的に「ふれあうだけで」は王道過ぎて苦手でしたが、両A面にもなっていたこの「IT’S THE RIGHT TIME」は何度か聞いたら好きになりました。
 
バラードだからこそ、この伸びやかでピシッとしたキレのあるダンスが、華麗にクールに浮かび上がりますね。
 
 
アルバムの中では「MAKE US DO」が一番好きです。西洋の裏路地で、夕闇に芸術品の魂に追い詰められるような緊迫感が良いです。
 
あとは「Testify」、曲としてはあまりポップではないですが、サウンドが凄く好みで何度も聴いてしまいます。
 
 
また、このアルバムツアーのLIVE DVDが2月にリリースされるようです。一人でここまで裏方からパフォーマンスまでマルチにこなせる人はなかなかないと思います。
 
三浦大知 / 「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 “FEVER”」 LIVE TEASER  /  avex
 
映像からも、熱気が伝わってきます。本人が手を掛けたトップクラスのエンターテイメント。見てる方もそうですが、なによりステージ上の本人たちが楽しそうなのが良いです。^^
 
 
今回の2015年のベスト選曲の楽曲部門の1位は久保田利伸氏で、やはり”ソウルフルで、ファンクな和製マイケル”です。
 
それに対し今回アルバム1位に選んだ三浦大知は、歌はもちろんダンスでもマイケルに迫るパフォーマンスで、“エンタテイメントにおける和製マイケル”といったところでしょうか。
 
 
ということで今回は、2015マイベストアルバム1位の、三浦大知『FEVER』でした。
 
今回で、新春よりお届けしてきた、特別編の2015年マイベスト曲、アルバムは終わりです。・・・が、次回は楽曲部門幻の第2位の発表!?お楽しみに。
 
DEHA!!