2016年間人気記事ランキング&裏解説

2016年間人気記事ランキング

2016年12月迄の人気記事のランキングを発表します。ちなみに、今回初実施のため2015年のサイト開設からのトータルアクセス数で集計しています。

1位 globe「Pefume of love」楽曲レビュー

globe『Perfume of love』レビュー 焼け付く想いと 凍てつくサウンドが その場を支配する。

イントロがかかった時点で既に場を支配している雰囲気(ラスボス感?)が堪らないです …

2位以下を大きく離してのトップですね。今でもこの曲の人気の高さが伝わってきます。世界観が強烈な曲なのですが、楽曲メイクがちゃんとされている曲は、長く愛されるのだと思います。

第2位 サカナクション「新宝島」楽曲レビュー

サカナクション「新宝島」レビュー 問答無用で最高

映画『バクマン。』主題歌 この曲は、発売当時歌番組か何かで耳にして凄く耳に残ったのを覚えています。 メロのちょっとレトロな音色と 切れ切れなフレーズを横乗りで聞きつつ、

2位との差は僅かでした。個人的に今年は(以前の曲ですが)「years」や「Ame」辺りをよく聴きました。初期のアルバムも聴かなくては。

3位 黒木メイサ出演KATE2015秋冬CM(武田カオリ「The Game」)レビュー

黒木メイサが魅せる ホリ眉 KATEのCMソングが

黒木メイサさん出演のKATEのCM、初めて耳にした時にヤバイと感じました。正確には、そのCMソングと映像世界観に一目惚れしたのですが。 KATEの

2位とは僅差の3位でした。2016年12月現在、配信等含め未だリリース予定無しです。早く聴きたいですがまあCMオリジナル曲ということでここまでは想定内です。

武田さんの前回のcm集のアルバムが2011年リリース。KATEの新作CMを見る度に武田さんの新曲が楽しみですが、やはりこの曲は格別。大好きな曲なので2017~18年にはCM集発売してくれる事を願っています。

4位 浜崎あゆみ「HANABI」楽曲レビュー

浜崎あゆみ「HANABI」レビュー CCCDでミリオンの意味と 3和音の着メロ

2002年唯一のミリオンセラーのシングルとなりました。初回盤はジャケット違いの「ピンク・青・緑盤」。 当時は、年々シングルのミリオンセラーが減少しており、2002年は本作が93万位で数千枚単位でセールスを伸ばしていたものの10月の時点で、ミリオン消滅の危機に。 …

レビュー初期の記事ですね。当時のコピーコントロールCDは、本当にセールス減少に歯止めをかけられたのか?等、長文で語っております。

第5位 SMAP「Hey Hey おおきに 毎度あり」楽曲レビュー

2015年12月の記事ですが、ちょうど年末に彼らの初期~中期曲をよく聴いていて、年明けまもなくあのニュースが飛び込んできたのでより衝撃が。

SMAP『Hey Hey おおきに毎度あり』レビュー ダサい服着た センスある曲

メンバー達の間でも物議を醸し出した、キワモノ感のある「Hey Hey おおきに毎度あり」の魅力に迫る。作詞 庄野賢一、えのきみちこ ・作編曲 庄野 ・・・

1月の騒動以降、SMAPについて語りたかったのでシャッフルレビュー(今でも毎回シャッフルした15曲の中から選んでいます)を書く度に、SMAPの曲が出てきたら優先的に選ぼうと思いながらやってきましたが、結局それ以降の2016年の約15回に渡り、一度もSMAP曲が出てくることはありませんでした。なので1年越しの思いが募った結果、先日の25周年ベスト盤発売時の記念記事が前編・後編にも渡る、凄まじい記事になった訳です^^;

第6位 globe(extreme)「seize the light」楽曲レビュー

伝説の4人globe extreme『seize the light』レビュー 宇宙で聴きたいこの1曲

globe人気ですね。曲の認知度としては『ダークエンジェル』の主題歌だったのも影響しているでしょうが、YOSHIKIさんの参加やTK・KEIKO両氏の結婚など、色々なタイミングと重なっている作品でもあります。

第7位 Time Fellowship「seed」楽曲レビュー

Time FellowShip「seed」レビュー ファイティングガールの向こう側にある景色

深キョン・ユンソナドラマ『ファイティングガール』主題歌だったので、耳にしたことある人は多そうですね。単純に楽曲のセールスだけでいうとこの位置に記事がランクインしているのはかなり健闘してますね。

ちょと辛口レビューもしてしまいましたが、Time FellowShipのメンバーさん!(ブラジルか!)2016年にもこの曲は多くの人の心に確実に残っていますよ!!大ヒット曲では無いけれど、記録より記憶に残った曲、「seed」あんたの勝ちです、おめでとう^^

第8位 hitomi「flow」楽曲レビュー

hitomi「flow」レビュー 私が汚してしまったもの、なくしちゃいけないもの

記事でも書きましたが、この曲は”hitomiが見せた最後の闇”ですね。是非また良い意味で”切なく愛想悪い”楽曲も聞きたいです。

第9位 Cocco「カウントダウン」楽曲レビュー

Cocco「カウントダウン」レビュー 好奇心で聴いてはいけない歌 ブーゲンビリア

現在も活躍中のCoccoさんですが、やはり初期作品の鋭さは、今の時代にも健在ですね。年々、過去作品や映像の解禁していくのもリスナーとしては嬉しいですね。

10位東京事変「空が鳴っている」楽曲レビュー

東京事変「空が鳴っている」レビュー 凛とした戦場のアダムとイヴ

この楽曲の世界観も痺れますよね。記事でも書きましたが、今でもイントロを聞いた時点で、銃火器や銃弾、兵士や戦車が乱れる戦場のイメージが浮かびます。

ちなみに、去年惜しくも若くしてこの世を去ったPrinceの曲の記事は13位でした。

PRINCE『I Would Die 4 U』流星が弾け散る スペースマウンテン サウンド 

ということで、ランキングの発表は以上ですが、

1位のglobe「Perfume of love」を記念して、イメージジャケットを描いてみました。

こちらです。

globe「perfume of love」image illust

黒いマスクはglobe3人のエンブレムマーク(『Love again』のジャケット等にも登場)を少しイメージしました。シングル四部作の悪夢からの脱出劇をマスクから垣間見るような雰囲気で描きました。

ホントはもっと、ダークでぐちゃぐちゃした感じにしたかったのですが、小洒落た感じになりました。

これからも楽しんでもらえるようにレビューしていきたいと思います。面白い記事があったら、感想やコメントお願いします。

以上、2016年人気記事ランキングでした。